イベント情報

イベント情報
123
2017/10/16

豊かな実践活動・体験活動推進フォーラムのご案内

Tweet ThisSend to Facebook | by 全小行研事務局A
今年も、国立妙高青少年自然の家にて、
「豊かな実践活動・体験活動推進フォーラム」
を開催します。

大自然の中での体験活動を通して、幼児や青少年の心と体を育むために、
実践活動・体験活動の事例について伝え合い学び合います。
今回は、特別ゲスト・講師に 冒険家の 三浦雄一郎 さんをお招きして、
ご講演をいただきます。
教員や教育関係者に限らず、学生の皆さん、保護者はじめ子供とかかわる地域の方、
自然体験活動に興味のある方々など募集対象は幅広く設定しています。

  11月25日(土)、26日(日)の二日間、妙高にぜひお越しください。

     【会場】   国立妙高青少年自然の家(詳細はホームページにてご確認ください。)

    【ご案内・申込用紙 PDF】 29フォーラム案内.pdf

13:02 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/05/20

【お知らせ】子ども農山漁村交流プロジェクト研修 開催のご案内

Tweet ThisSend to Facebook | by 全小行研事務局A
総務省、農林水産省、文部科学省及び全国市町村国際文化研修所では、
7月27日(水)から29日(金) までの日程で、
 「平成28年度 子ども農山漁村交流プロジェクト研修」を開催します。
  
    「子ども農山漁村交流プロジェクト」 とは ・・・  総務省、文部科学省、農林水産省の
                                                                         3 省連携による、小学校における
                                                                        農山漁村での長期宿泊体験活動

 
    今回は、滋賀県日野町の受け入れ家庭で体験活動の内容や民泊の様子などを
    実際に体験します。
    詳細は、下記 ウェブサイトにてご確認のうえ、ふるってご参加ください。

       全国市町村国際文化研修所(JIAM)ウェブサイトはこちら  →   http://www.jiam.jp
13:54 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2014/02/02

首都圏新年会

Tweet ThisSend to Facebook | by 全小行研事務局A
平成26年1月31日(木)・東京銀座にて首都圏新年会を開催しました。
当日は、東京国立博物館館長・銭谷眞美様にお越しいただき、
夏の全国大会・東京大会に向けて激励のお言葉をいただきました。
東京・神奈川・埼玉の各地区より、30名が参加し、研究の充実を誓うとともに、
仲間との絆を確かめ合いました。

        
                  ご来賓   東京国立博物館館長 銭谷眞美様

     
      國學院大學人間開発学部長                           國學院大學教授
                    新富康央様                                           宮川八岐様

 
09:31 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2012/11/26

「豊かな体験活動推進フォーラム」(第2日目)

Tweet ThisSend to Facebook | by 全小行研事務局A

平成24年度 豊かな体験活動推進フォーラム
二日目は5つの分科会に分かれて、各施設からの実践報告と実習を行いました。
  
 夜の間に新しい雪がうっすらと積もっていました。朝7時の気温はマイナス3度でした。

  
    
 第1分科会  国立乗鞍青少年交流の家   テーマ 「自然の中でストレスから解放を目的とするプログラム」
                                                             実   習 「ツリークライミング」    
 
  
  
 第2分科会 国立能登青少年交流の家  テーマ 「コミュニケーション能力育成のためのプログラム」
                                                           実   習 「新聞紙タワー・なぞの宝物・人間コピー機」
 
  
  

 第3分科会  国立妙高青少年自然の家  テーマ 「子供たちが企画・立案に参画するプログラム」
                                                            実   習 「クラフト木の葉のTシャツ」
  
  
 第4分科会  国立立山青少年自然の家  テーマ 「自己肯定感を高めるプログラム」
                                                            実   習 「クラフトどんぐりランド」
  
  
 第5分科会  国立若狭湾青少年自然の家  テーマ 「子どもたちが選択・決定するプログラム」
                                                                実  習 「ウクレレを活用した交流プログラムの実際」
 
 分科会後に全体で集まり、それぞれの活動の様子を報告し合いました。
 二日間にわたり、「仲間・本物・感動」体験を実感できる充実したフォーラムとなりました。
  
 美しく雄大な自然の中での体験活動は感動の連続でした。
 新たな出会いもたくさんありました。このフォーラムでの成果を各分野で生かしていただき、学校や施設等での
 体験活動のさらなる充実に向けて取り組んでいただければ幸いです。
 国立乗鞍青少年交流の家・職員の皆さま、ご協力いただいたボランティアの皆さまには大変お世話になりまして、
 ありがとうございました。 来年は、「能登」でお会いしましょう。
 

00:33 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2012/11/25

「豊かな体験活動推進フォーラム」を開催しました(第1日目)

Tweet ThisSend to Facebook | by 全小行研事務局A
平成24年度 豊かな体験活動推進フォーラム
平成24年11月23日(金)・24日(土)に岐阜県にある国立乗鞍青少年交流の家にて
「豊かな体験活動推進フォーラム」を開催しました。
前日までに降った雪が残る寒さの中、会場は参加者の熱気と意欲に満ち溢れていました。

<第1日目の様子>
 
  開会セレモニー    国立乗鞍青少年交流の家 加藤寛充所長のあいさつ

  
 基調講話  文部科学省初等中等教育局児童生徒課長  白間 竜一郎 様
 テ ー マ    「集団宿泊・自然体験活動の推進」
 いじめや不登校の調査結果や対応策等、詳細なデータを基に、長期宿泊体験活動や自然体験活動の現状や課題について
 具体的にお話しいただきました。
  
    
 特別講演会  文教大学副学長 野島 正也 様
 演   題     「教育の視点から見た自然体験活動」
   
 子どもたちの様々な課題、自然体験をはじめとする生活体験の不足への対応等をこれまでのご経験から、子どもたちに
 とっての体験活動の大切さに触れ、示唆に富むお話をいただきました。

   
  
 情報交換会
 各地区からの楽しい情報にとても盛り上がりました。参加者同士のコミュニケーションが深まり、和やかな雰囲気に
 包まれた会場でした。飛騨高山の名物料理と各地区の地酒をおいしくいただきました。
 
21:58 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2012/08/24

被災地視察・復興支援活動のご報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 全小行研事務局A
 被災地視察・復興支援ボランティア活動のご報告

  
8月19日(日)20日(月)の二日間、宮城県石巻市及び仙台市において
  「被災地視察・復興支援ボランティア活動」を 
実施してまいりました。
  <第1日目>8月19日(日)
       
 
      震災後、1年半が過ぎようとしていますが、被災地の復興、復旧は思うように進んでいない現状があります。
      現地の状況を実際に見て、そこで暮らす方々の話を聞き、復興に向けたボランティア活動に取り組めたことは、
      これからの子どもたちとの学校生活にさまざまな影響を与えることと思います。

      
        石巻市立門脇小学校への視察と供養塔での献花を行いました。
        石巻商業高等学校の日野長介先生より、石巻市内の被災状況や各学校・児童に関する説明を伺いました。

       
         石巻市立大川小学校への視察と供養塔での献花を行いました。
         全国小学校学校行事研究会相談役の白幡守雄先生(仙台市立貝森小学校前校長)より、
         石巻市や仙台市における学校の状況についてお話を伺いました。

  <第2日目>8月20日(月)
      
          仙台市若林区の農家にて、農地内に残る木片や石などを取り除く作業を行いました。
          震災復興・地域支援サークル・リルーツの皆さまにご指導いただいて、ボランティア活動を行いました。
       
    大きながれきは撤去されていますが、木片等が土に混ざっているため、このままでは農作物を栽培できません。
    横一列に並び、スコップで土を掘り起こして手作業で不要なものを取り除きます。広大な農地のほんの一部です。
         
                         農地での作業後、荒浜海水浴場の供養塔に献花をしました。

    
この目で実際に見て体験してきたことを子どもたちや保護者、職場のなかまや家族等に伝えていくことは
   参加者にとって重要な役割です。
   自分たちにできることは何かを考え、相手の立場を理解して自ら協力しようとする
「共生社会の担い手」を
   育む教育活動のさらなる充実に努めていくことの大切さを痛感しました。
    「被災地視察・復興支援ボランティア活動」にご支援、ご協力いただきました農協観光添乗員の皆さま、
   日本三景交通の皆さまはじめ、お世話になりました皆さま方に感謝申し上げます。
   
    


10:33 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2011/04/30

義援金について

Tweet ThisSend to Facebook | by 全小行研事務局A
 全国の会員の皆様よりご協力頂いております宮城県への義援金を4月21日(木)に白幡守雄校長先生にお届け致しました。
 白幡校長先生より貝森小学校では始業式・入学式が21日に行われるとお聞きし、入学式が午後1時開式でしたので、無理にお願いして、式に参加させて頂きました。
 余震の続く中ではありましたが、かわいい17名の子ども達の心温まる入学式でした。
 皆様からの義援金122000円を白幡校長先生にお渡しして参りました。まずはご報告させて頂きます。引き続き義援金活動を継続して行っておりますので、ご協力方よろしくお願い致します。なお当日の様子についてはあらためてご報告させて頂きます。
                                全国小学校学校行事研究会
                                会 長      南部 和彦

14:46 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2011/04/18

宮城県へのご支援に感謝します。

Tweet ThisSend to Facebook | by 全小行研事務局A
 宮城県への義援金のお願いを致しました所、顧問、相談役、全国の地区会員の皆様より多くの義援金が集まりました。一度、宮城県の副会長の白幡守雄校長先生にお届けするつもりです。5月末まで義援金の活動をしておりますので、引き続きご協力の程をお願い致します。
                                全国小学校学校行事研究会
                                会 長    南部 和彦

16:52 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2011/03/21

お見舞い申し上げます。

Tweet ThisSend to Facebook | by 全小行研事務局A

 この度の東北地方太平洋沖地震では宮城県をはじめとして青森、岩手、秋田、山形、各県においては甚大な被害にあわれ、多くの幼児、児童・生徒、教職員、保護者、ご家族、地域の皆様の尊い命が奪われたことに深く哀悼の意を表します。また被災された皆様のご無事とご快復、そして一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 本会も被災されました皆様に今後、全国の会員と共に力をあわせ、ご支援・ご援助して参ります。本会の副会長であります、仙台市立貝森小学校 白幡 守雄校長先生とは地震発生以来連絡が取れない状態でしたが、先週無事であるとの連絡を頂きました。被災以来学校が避難所であり、ご苦労されたこと、そしてやっと電気・水道が使えるようになり、今は24日の卒業式・修了式に向け、現在準備に取り組んでいるとのことでした。

このような危機的状況の中にありながらも秩序を守り、思いやり、やさしさを示しながら共に助け合っている被災地の方々の姿を見て、あらためて日本という国の民度の高さを感じました。やはり特別活動・学校行事を通して思いやり、やさしさを培い人を育てている日本の教育の誇りとすべき所だと思いました。全人教育という日本の教育固有のものをこれからも大切にしていきたいと考えています。被災地におかれましては困難な状況ではありますが、卒業式・修了式、入学式等が子ども達の心の安らぎと希望の場となるように是非とも頑張って頂きたいと思います。学校行事としても皆さんと共に手を携え「東北頑張れ!」「頑張れ日本!」を合言葉に、ご支援して・ご援助して参ります。

                全国小学校学校行事研究会

                会 長   南部 和彦

 

 

 

 

               


14:07 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2010/11/21

「豊かな体験活動推進フォーラム」2日目 その2

Tweet ThisSend to Facebook | by 全小行研事務局A
豊かな体験活動推進フォーラムの最後には、シンポジウムが行われました。

シンポジウムは、

コーディネーターに、
國學院大學教授 宮川八岐様、

シンポジストに、
文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官 杉田洋様、
横浜市立旭小学校長 勝木茂様、
さいたま市教育委員会指導1課主任指導主事 安部恭子様、
越後田舎体験推進協議会事務局長 小林美佐子様

をお迎えし、「さあ 長期宿泊体験活動をはじめましょう」のテーマの下、行われました。





シンポジストの提案発表後には、参加者の方々からシンポジストへご質問やご意見が寄せられ、大いに盛り上がったシンポジウムとなりました。

シンポジウムの後、閉会セレモニーとなりました。



大変なご盛況をいただいた中、無事フォーラムを閉会することができました。

ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました!

18:18 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
123