イベント情報

イベント情報 >> 記事詳細

2012/08/24

被災地視察・復興支援活動のご報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 全小行研事務局A
 被災地視察・復興支援ボランティア活動のご報告

  
8月19日(日)20日(月)の二日間、宮城県石巻市及び仙台市において
  「被災地視察・復興支援ボランティア活動」を 
実施してまいりました。
  <第1日目>8月19日(日)
       
 
      震災後、1年半が過ぎようとしていますが、被災地の復興、復旧は思うように進んでいない現状があります。
      現地の状況を実際に見て、そこで暮らす方々の話を聞き、復興に向けたボランティア活動に取り組めたことは、
      これからの子どもたちとの学校生活にさまざまな影響を与えることと思います。

      
        石巻市立門脇小学校への視察と供養塔での献花を行いました。
        石巻商業高等学校の日野長介先生より、石巻市内の被災状況や各学校・児童に関する説明を伺いました。

       
         石巻市立大川小学校への視察と供養塔での献花を行いました。
         全国小学校学校行事研究会相談役の白幡守雄先生(仙台市立貝森小学校前校長)より、
         石巻市や仙台市における学校の状況についてお話を伺いました。

  <第2日目>8月20日(月)
      
          仙台市若林区の農家にて、農地内に残る木片や石などを取り除く作業を行いました。
          震災復興・地域支援サークル・リルーツの皆さまにご指導いただいて、ボランティア活動を行いました。
       
    大きながれきは撤去されていますが、木片等が土に混ざっているため、このままでは農作物を栽培できません。
    横一列に並び、スコップで土を掘り起こして手作業で不要なものを取り除きます。広大な農地のほんの一部です。
         
                         農地での作業後、荒浜海水浴場の供養塔に献花をしました。

    
この目で実際に見て体験してきたことを子どもたちや保護者、職場のなかまや家族等に伝えていくことは
   参加者にとって重要な役割です。
   自分たちにできることは何かを考え、相手の立場を理解して自ら協力しようとする
「共生社会の担い手」を
   育む教育活動のさらなる充実に努めていくことの大切さを痛感しました。
    「被災地視察・復興支援ボランティア活動」にご支援、ご協力いただきました農協観光添乗員の皆さま、
   日本三景交通の皆さまはじめ、お世話になりました皆さま方に感謝申し上げます。
   
    


10:33 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)